引きこもりでも幸せになれる?

引きこもり歴2年目の30代女子(?)が幸せを手にすることができるのかを様々な角度から検証していくブログです。そして、引きこもり生活の楽しみ方を紹介!

私の人生、誰のもの?

私の人生。

それなりに山あり谷ありの人生だった。

 

この世から消えてしまいたいと思うことも何度もあった。

この世から消えてしまえと願った相手も何人もいた。

 

でも、今は家族公認のひきこもりという

ストレスフリーな生活を遅れているため、

辛かった過去も苦しくて仕方なかった思いも、

少しずつ薄れている。

 

ものすごく辛かったときに、

自分で自分に言い聞かせていた言葉がある。

 

「誰も守ってくれない。誰も私の代わりになってくれない。」

 

今思えば、当然のこと。

 

でも、そのときの私にとっては、

そう自分に言い聞かせることで、

どうにもならない現実を必死に受け入れようと

していたのかもしれない。

 

昔、ある人に言われた言葉を思い出す。

 

『自分なりに守っていたつもりだった。』

 

そのときは、心の中で笑った。

「誰が?私を?どう守ってきたのさ!」

 

その人の言う意味が全く分からなかった。

分かろうとしていなかったのかもしれない。

 

でも、今なら少しその意味が分かった気がする。

 

守るって体を呈して守るではなく、

私の居場所を作ってくれていたことなんだって。。。

自尊心の低い私を静かに見守っていたことだったのかなって。

 

 

こうやって、
過去の自分が感じていたことを今振り返ることって
すごく大切なことだと改めて思った。

 

だって、私の人生は私だけのものだから。

私以外に私の人生を送れる人なんて存在しないんだから。

 

過去の私も、今の私も、

そして、未来の私も私だけのもの。

 

行きたい道を選んで、

自分の足で一歩ずつ歩いて行こう。

今日嬉しかったこと

過去の私の言動が
今の私を育ててくれていることに気づけたこと。