読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもりでも幸せになれる?

引きこもり歴2年目の30代女子(?)が幸せを手にすることができるのかを様々な角度から検証していくブログです。そして、引きこもり生活の楽しみ方を紹介!

ソファの気づき

私はかなりの説明ベタな人間なんだけど、

母も私に劣らず、説明ベタ。。。

 

私の場合は、簡潔で分かりやすい話ができない。

母の場合は、言葉が足りない。

 

ある日のこと。

私がもたれかかっていたソファがずれていたようで、

母が「ソファ直して」と私に言った。

 

ソファ直して??

私はもたれていたソファを眺めて凝視。

見る限り、ソファに異変が見当たらなかったから。

 

キョトンとした私に、母がこう言った。

「直すの。見れば分かるでしょ。」

 

こちらとしては、見ても分からないからキョトンとしているんだけど。。。

私は母にこう言った。

「直すってどこを直すの?全く意味が分からないんだけど。」

 

そして、母は少しイライラしながらこう続ける。

「そこ!下が少しずれているでしょ!」

 

そう言われて、ソファの下を見ると、

ソファの片側が1~2cm程後ろにずれていることに気づいた。

 

おいおい、ちょっと待ってよ。

なんで最初から『ソファの下がずれてるから直して』と

母は言わなかったのか??

 

母としては、自分が気づいたのだから

私も見ればすぐに気づくはずだと思ったのだろう。

 

でも、私にすれば、さっぱり意味が分からない。

もっと分かりやすく言ってくれればいいのに。

 

顔や性格、いろいろと似ているところがある母子だが、

時々、「この人のことが分からん」と思うこともある。

 

でも、まぁ私も私で相手の考えや気持ちを

想像したりすることは苦手だから、

こういった行き違いが起こるのは当たり前なのかもしれない。

 

数分間、互いにイライラを感じたけど、

これもまた一つの気づきを与えてくれた出来事だった。

今日嬉しかったこと

相手の欠点が見えたとき、自分の欠点にも気づけたこと。